8月25日(土)MISEMONOマンションSHOW Vol.2@新宿azitoを開催します

皆さん暑い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか?
「生産性がない」というある意味クールな言葉に胸を熱くさせられ、痛めている方も多いかと思います。
大丈夫です。人を生かすものはすべてに価値があります。それを産むことにも価値があります。そんな人であればいいと思います。
そのために一生懸命になればいい。
どこかで聴いた尊敬して止まないアーティストの方が作詞したようなフレーズが出てきました。
これはまさしく”末期”症状、ということで本題に入ります。

夏真っ只中、24時間テレビの放送日、2018年8月25日(土)、MISEMONOマンションSHOW Vol.2@新宿azitoを開催します!
2月にマイメンyuji kato a.k.a パトレイバーと共同主催したライブの第二回目です!
今回はみんなアクセスしやすい新宿!そして土曜日の16時〜21時!週末を楽しむには最高の場所&時間です。

内容も今回は前回から数段パワーアップ!
ラップ中心のイベントですが後述のコンセプト通り、ラップ好きの方はもちろん、ラップを知らない方にもラップに興味を持ってもらえる素晴らしいアーティストが勢ぞろいしております。

今回はなんと日本語ラップのレジェンド、こうしてzyooが日本語ラップを楽しめている土壌を築いていただいた大先輩、YOUTHEROCK★先輩にご出演いただきます!
zyooが十代のころ、YOUさんの出演されてたCDTVneoが大好きでした。こんなしゃべりの面白い人はいないと、雷に打たれたような、マスだけどコアのような、そんな複雑な感情に胸踊らされたのを昨日の事のように思い出します。
そんなYOUTHEROCK★さんのステージ、見ないと人生半分損しますよ!

そしてゲスト二組目はマチーデフ&KO-neyさん!エンターテインメント×ラップの一つの完成形とも言えるステージを見せていただけます!
1MC1MPCスタイルというMPCを取り入れたステージ、最高です。

ゲスト3組目は親友のCo.慶応!
今年から芸人としてワタナベエンターテインメントに所属している彼の進化したお勉強ラップは他に類を見ません!

と書き続けると1時間もののシナリオくらいの分量になりそうなので、この辺にしておきますが、
他にも出演いただくアーティストの皆さんも、素晴らしい、楽しい、珍しい、いかがわしい?、え?それやっっちゃう?そんなラップの仕方あるの?などとにかく様々なオリジナリティ溢れるステージを見せてくれる方ですので、是非遊びに来てくださいね。

詳細は下記フライヤーをご参照ください。
MISEMONOマンションについてのストーリーについても一読いただけると嬉しいです。

ご予約、ご質問、マイクジャックなどはLINE、Facebook、Twitter、zyooサイトの問い合わせフォームなどどんな形でもよいのでお気軽にご連絡ください!

以上、絶対来てね★

6月30日(土)PRTY FIVE@江古田COBRAに出演します

ワールドカップもだいぶ盛り上がってきていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
サッカーボールではなく毎日バースをキックしているzyooです。

来週6月30日(土)、PRTY FIVE@江古田COBRAにzyooとして出演します。
ありがたいことにもはやレギュラーとなりつつありますが、意気揚々と、Take it soso!と、嵐もといA・RA・SHIを巻き起こす気概でやらせていただきます。
今回も道場秀三郎くんとのコラボもやらせていただく予定です。
江古田のディープな雰囲気の中、ディープな言葉遊びにディップしてみてはいかがでしょうか。

また今回はいつものPARTY FIVEからパワーアップしGuest Liveもあります。
自分も何度かご一緒させていただいていますが、マチーデフ&KO-neyさんのステージはエンターテインメントとして素晴らしい内容なので、是非観ていただきたいです。いや観るべきです。

詳細は下記フライヤーをご参照ください。
zyooの出番は20時45分ごろを予定しています。

そしていつも通りもっとも重要な情報を最後にお伝えします。

”江古田は遠くない、池袋からスグ”

それでは6月30日江古田で会いましょう。

7月14日(土)『MiX JUiCE Vol.8』に出演します

最近暖かくなり初夏のような陽気になってきましたね。
ショカだけに天気がイー!イー!と言ってるわけですけども、いつも通り本音で、仮面剥いだ、状態で確かな情報をお届けします。

7月の三連休の初日、7月14日(土)に毎年恒例になりつつある、『MiX JUiCE Vol.8』にzyooとしてライブ出演します!
場所はもちろん夏が選んだ場所、藤沢です!

このイベントは一昨年にCo.慶応客演で出演させていただき、昨年はDA.歌詞屋で出演させていただいて、二年連続出演させていただいているイベントです。
三年目の今年はzyooとして出演させていただくこととなりました。

去年も言いましたが、このイベント何が魅力なのかというと、主催のmitsuさんが熱い人、という点につきるわけです。
松岡修造よりも熱いのではないか、いや、今噴火中のキラウェア火山の溶岩より熱いかもしれない、そんな想いを持った方が主催しているイベントになります。
創作活動をしている僕らは、様々な伝えたい想いや、伝えたいことを表現しようとコンテンツを作っています。
それを届ける場所としてのプラットフォームがあり初めて伝わる可能性が生まれます。
mitsuさんはそんな届ける場所である「プラットフォーム」を形づくり、またご本人もコンテンツを作るという、エンターテインメントを真剣に考え情熱を注がれている方です。
個人的にzyooもラップ、シナリオではないお仕事面ではプラットフォームを創ることを続けていますし、ラップやシナリオのようなコンテンツも創り続けています。
そんな自分の思想上、すごくいいなと思う方だということです。

説明的になり過ぎてしまいましたが、イベントの説明に戻ると、『MiX JUiCE』は観客、アーティストそれぞれに対し下記価値を提供するというコンセプトの元、mitsuさんが開催しているイベントです。

・見た事がないジャンルでもこのイベントを通して好きな音楽の視野を広げられる!
・普段なら交わる事のないジャンルのアーティスト達がこのイベントを通して交流を深められる!

実際にイベントもコンセプト通り様々なジャンルのアーティストの方が出演されていて、その幅の広さはアイドルからシンガー、バンド、ラッパー、ビートボクサーとかなり幅も広く、そして楽しめる内容となっています。

今回はスペシャルゲストも『青いベンチ』で一世風靡されたサスケさんです。
サスケさんのライブが見られる点もワクワクポイントの一つです。

また今年度からお笑い芸人としてワタナベエンターテインメントに所属して頑張っているマイメンのCo.慶応も出演します。
今までのお勉強ラップに笑いのエッセンスも加えた爆笑必至のステージが見られることでしょう。

zyooの出番時間は19:50予定となります。来ていただける方や、来れそう、興味があるという方はご連絡ください。
チケット確保しておきます!
イベントの詳細は下記のフライヤーをご参照ください!

また一昨年に主催のmitsuさんにお誘いいただき、ラッパーのjuiceさん、ヒューマンビートボクサーのLizaさんと一緒にイベントのコンセプトをラップにした『MiX JUiCE』という曲も作らせていただいているので、その曲の動画もイベントの雰囲気がわかるかと思いますので、下記動画を是非ご覧ください。

『MiX JUiCE』のラップはこちら

引き続き、zyooおよびMiX JUiCEをよろしくお願いします!!

3月31日(土)PRTY FIVE@江古田COBRAに出演します

最近少しずつ暖かくなってきましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
財務省の決済文書改ざんの件など、世の中何を信じて良いのかわからない感じではありますが、自分と自分が信じるものだけは必死に信じ抜きたいところです。
そんな中、確かな情報をお届けします。

”3月31日の土曜日、PRTY FIVE@江古田COBRAにzyooとして出演します”

確からしさの証明および、詳細の情報は下記フライヤーをご確認ください!
今回も「楽しむことをあきらめない」をやらせてもらおうと思っているので、今ノリにノっている、ノリがノっているラーメンが好きな道場秀三郎くんとも曲をやらせていただく予定です。

その他の出演者の方も熱いメンツが揃っています。

淡路島が生んだ玉ねぎの次のブレイカー、BTO!
マイメン、内面、もマジイケメン、Flip2!
孤高の劇場型ラッパー、沙弥朗!
など自分もライブを見させていただくのが楽しみなメンツとなっています。

そして重要な情報を最後にお伝えします。

”江古田は遠くない、池袋からスグ”

この言葉だけでも覚えて読み終えていただければと思います。
それでは3月31日、お待ちしています。

2月3日(土)MISEMONOマンションSHOW@江古田クラブドロシーを開催します

2018年、もうすぐ一ヶ月が過ぎようとしていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
2018年一発目、zyoo&DA.歌詞屋でライブやります。
去年江古田のPRTY5に誘ってくれたマイメン、 yuji kato a.k.a パトレイバーさんと共同主催という形で2月3日土曜日に江古田クラブドロシーでライブを開催することになりました。
時間は18時〜22時です!
今回は主催ということで、zyooとしても、DA.歌詞屋としてもダブルでライブさせてもらいます。
他の出演者も自分やyuji kato a.k.a パトレイバーさんの仲間の熱いラッパーやシンガーが揃っています。
是非見に来てください!

イベントについては『MISEMONOマンションSHOW』というタイトルで、江古田で都市伝説として語り継がれる(ハズ)のストーリーを持っています。
このストーリーも下記に載せておりますので知っていただいた上でご来場および、今後の当イベントのご支援宜しくお願いします!

ちなみに……来ていただいた方の中からランダムで1名様に『楽しむことをあきらめない』や『やさしさわたした』の動画でzyooがかぶっているzyooキャップを敬意を込めて贈呈させていただきます。後は1ドリンクは漏れなくご馳走させていただきます。

イベントの詳細は下記フライヤーをご参照ください。
ライブに行けるよ!って方はzyoo@kotobaasobi.comもしくはTwitterFacebook、LINEなどいずれかの手段でご連絡ください!
引き続きzyooをよろしくお願いいたします!

■フライヤー

■ストーリー
東京練馬区江古田。
西武池袋線江古田駅から徒歩15分、住宅街の中にたたずむ三回建のマンション、ミセテミール江古田。通称「MISEMONOマンション」。
マンションは三階建てと低層ではあるが、1フロアの奥行きが計り知れないほどに深く、何部屋存在しているかを知るものはいない。
そしてこのマンションには一風変わった入居条件があった。
その条件とは「人にどうしても見せたいものがあること」。
多くの得体の知れない入居者がこのマンションに入居し、人に見せたくてウズウズしながら生活をしている。

そして2月3日、ミセテミール江古田の住人たちによるはじめてのショーが始まる。

道場秀三郎とのコラボ楽曲『楽しむことをあきらめない』を公開しました

Youtubeにいつもzyooソロラップの作曲とミックスをしてくれている道場秀三郎くんとのコラボ楽曲『楽しむことをあきらめない』を公開しました。
この曲は10月22日にOtoyoko Chill Out@上野音横丁で初披露させていただいた曲です。
レコーディングよりも先にライブでやらせてもらった曲で、時間がかかってしまいましたがレコーディングと動画編集がやっと完了しました。

この曲に込めた想いと合わせて、聴いていただけるとありがたいです!
恒例のzyooの長い説明のはじまりです↓

子供から大人になるにつれて、楽しむことが段々悪いことのように感じられてきます。
それはこの社会においては楽しみたい気持ちを抑えて勉強をしたり働くことが美徳とされている風潮があるからだと思います。
でも実際は勉強も仕事も、人間関係もそれ以外もすべてを楽しむべきです。
でも楽しむことは楽なことではない。
自分もそうですが、あきらめてしまいがちです。
楽しむことはいけないこと、自分なんかが楽しめるわけない、楽しめるのは一握りの人……
でもそれは本当にそうなのか。そんなわけはない。
周りを見渡してみると楽しんでるなこの人、と思う人はみんな、「楽しい」とは何かを考え抜いて、実現するために並々ならない努力をしている人でした。
自分もそんなすべてを楽しんで、周りを元気にできる人になりたい。
なので、楽しむことを決してきらめないように生きようと思い、その想いを形にしました。

———————————
『楽しむことをあきらめない』
作詞:zyoo
作曲:道場秀三郎
編曲:道場秀三郎

(zyoo)
いつからそんな未来のこと分かったふり
時代をどうの言い訳して
期待をそっと胸にしまうしたいことも
それでいいって気づき堂々巡り
できない自分に堂々
例えいくらしくじろうと
自分になりたい自由にもっと

(道場秀三郎)
あきらめながら生きてきた
羨んでた誰かを
でもどれだけ悩んでみても
僕でいたいんだった

(zyoo)
進んでく道筋を一途に
周り見ずに息継ぎ
載ることない地図に
そう気付き起立し生きる日に
染みる日が差すから
この先絶対嘘はつかない自分に

(道場秀三郎)
誰かが咎めたりしても
楽しむことをあきらめない
自信なくし俯いても
楽しむことをあきらめない
あの夜の日の(涙のため)
暗い部屋の中で(出したこたえ)
僕が僕を許すために
楽しむことをあきらめない

(zyoo)
あのときあれをしてればきっと
笑顔の街を見てては嫉妬
怖くていつも逃げてた一歩
誰にも姿見えてないの?
頭の中浮かび出す想像
どこにも自分いなくなる状況
目をつぶって歩き出すとうとう
何か世界変わり出すちょっと

(道場秀三郎)
怖がりながら生きてきた
恐れてた視線を
でもどれだけ馬鹿にされても
僕でいたいんだった

(zyoo)
好きとか嫌いの違いを
「しないと」をリライトしてみれば「したいよ」
期待を抱き、そう、今以上見たいと 
だから今日の自分に決して
想像できない未来を

(道場秀三郎)
誰かが咎めたりしても
楽しむことをあきらめない
自信なくし俯いても
楽しむことをあきらめない
あの夜の日の(涙のため)
暗い部屋の中で(出したこたえ)
僕が僕を許すために
楽しむことをあきらめない

(zyoo)
思い出すとあの死ぬほど辛い想い
後引くのを止めるため辿り着くことこそ
あきらめない楽しむこと

(道場秀三郎)
誰かが咎めたりしても
楽しむことをあきらめない
自信なくし俯いても
楽しむことを

誰かが咎めたりしても
楽しむことをあきらめない
自信なくし俯いても
楽しむことをあきらめない
あの夜の日の(涙のため)
暗い部屋の中で(出したこたえ)
僕が僕を許すために
楽しむことをあきらめない

10月22日(日)Otoyoko Chill Out@上野音横丁に出演します

皆様いかがお過ごしでしょうか?
「最近急に寒くなったりと気温差が激しいとお困りの皆様、安心してください、こちらはいつも通りの寒さです」の名言でおなじみのzyooです。
報告が遅くなりましたが、10月22日にzyooとしてライブ出演をさせていただくことになりましたのでご報告です。

7月に出演させていただいたMiXJUiCEの主催者、暑すぎる男「Mitsu」さんにお誘いいただき、zyooとしてまたラップをさせていただきます。
zyooの出番は16:30〜と未成年にも優しい時間帯です。トップバッターです。
もしかしたらスペシャルゲストも出るかも?なので是非お誘いあわせずとも来てください。

今回はMitsuさんの熱いステージにも注目です。
前代未聞の自分に向かってお客さんに中指を立たせさせる、という人工知能を神にするのよりやばい宗教のような光景が見られますよ、きっと!

そしてマチーデフ&KO-neyさんとも飯田橋のいい話以来のご一緒なので、
こちらも楽しみです。

詳細は下記フライヤーをご参照ください。
もし来れるよ、って方はお問い合わせくださいね。

引き続きzyooをよろしくお願いいたします!

9月30日(土)PRTY FIVE@江古田COBRAに出演します

皆様いかがお過ごしでしょうか?
この季節、南からの台風、北からの挑戦と中々落ち着いていられない状況かと思います。
そんな中ですが9月30日にzyooとしてライブ出演をさせていただくことになりましたのでご報告です。

最近素晴らしい出会いがありまして、9月30日江古田COBRAでzyooとしてラップをさせていただけることになりました。
BreakthroughOnionsのKatoさんお誘いありがとうございます!コイサー!

zyooの出番は21:30頃となりますが、お時間あれば是非zyooのラップを聴きに来てください。
来ていただいた方の中からランダムで1名様に『やさしさわたした』でzyooがかぶっているzyooキャップを敬意を込めて贈呈させていただきます。
※ついでに『やさしさわたした』の動画も載せておきます

詳細は下記フライヤーをご参照ください。
江古田、zyooも初めてですが、池袋からちょっと電車乗ったところです。

引き続きzyooをよろしくお願いいたします!

zyooソロラップ作品『やさしさわたした』を公開しました

Youtubeにzyoo個人のラップ作品『やさしさわたした』を公開しました。
ちょっと長いですがこの曲を創るに至った経緯を簡単、ではなく複雑に述べたいと思います。

僕らは何のために生きるのか?
生きる意味を考えたときに、結局は生物学的な種の存続のためである、という結論にいたると思います。
ではなぜ種を存続させる必要があるのか?
それはきっと我々には当面は分からない命題だと思います。

では、種の存続のために生きることとはどういうことか?
zyoo個人の現時点の見解としては、「やさしさをわたすこと」だと思っています。
「やさしさ」をわたすと、受け取った人は生きる希望が持てます。
この希望を持ち続けることが生きることにつながります。

では「やさしさ」とは何か?
単純に「優しさ」と書けば相手を思いやること、となりますが、
「やさしさ」はzyooの定義では人に希望をもたらすものはすべて「やさしさ」だとしたいです。
きっとそれは家族、仲間からの想いやエールであり、誰かがこころを込めて作り上げたサービスやビジネスかもしれません。
そんな人に希望をもたらすものはすべて「やさしさ」と定義してこの曲を創りました。

そんな「やさしさ」を受け取って僕らは生きています。
だからその「やさしさ」を自分でない誰かにわたしていきたい、
それが自分の生きる意味につながるのではと思っています。
まあ何言ってんだこいつ、という気もするのですが、
その自分でもよくわかんない気持ちをラップにしてみました。
賛否両論色んな意見をもらえたら嬉しいです。
コメント欄やラップバトルで議論しましょう!

そして最後にもう一言。
自分を守ることに終始した「やさしさ」のない人間は絶対に許してはいけません。
自分も油断をするとそうなってしまいがちですが、僕の周りにはもちろんいないし、いたとしたら排除しています。
もし周りにそんなやつがいたら、自分がそうなりそうだったら、やさしさではなく、一言この言葉をわたしてあげてください。
「マザファック!」

———————————
『やさしさわたした』
作詞:zyoo
作曲:道場秀三郎
編曲:道場秀三郎

何か消えてく形がないもの
夜瞳枯らしたときに
溜まってった確か
柔らかい透明の花びら
それを不安と思うことから
目を逸らすのが大人か?
それより大事?な事柄
決められ進んでくこのまま

縦に振ってる抗おうと
抱え続けた頭を
いつの頃からだろう
消えてくわたし
まだかろうじているうちに止まらず
想いのままにこだわる
したくないこころごまかすこと
だから花びらをわたす

やさしさわたしたら
またあしたもわたしだ
やさしさわたしたら
またあしたもわたしだ

奪われてく悲しさ
暗くなってく辺りが
花びらむしりはらしたら
遠ざかった明かりは
そんなわたしが許せない
でもその言葉すぐ出ない
「ごめんなさい」崩せない
虚勢張ってぶつけ合い

住む世界がモノクロに
なって感じる孤独を
わたし自体が脆くも
壊れ崩れ滅ぶ様
傷つかない場所に納まることやめ
恐怖に染まらず
わたしのこころ終わらす前に
残った花びらをわたす

やさしさわたしたら
またあしたもわたしだ
やさしさわたしたら
またあしたもわたしだ

いつかは消える足跡
明日もうそこにないかも
でも残しておきたい何かを
生きて死ぬまでの間の
わたしにできることは何か
今まで受け取ったのは確か
ふと振り返ると肩には
気付けばたくさんの花びら

やさしさわたしたら
またあしたもわたしだ
やさしさわたしたら
またあしたもわたしだ

7月16日『MiX JUiCE Vol.7』にDA.歌詞屋でライブ出演します

久しぶりにDA.歌詞屋でのライブ出演が決まりました!
7月の三連休の真ん中、7月16日(日)に『MiX JUiCE Vol.7』にDA.歌詞屋としてライブ出演します!
場所は夏にふさわしい場所、藤沢です!

このイベントには去年もCo.慶応客演で出演させていただきました。
その後主催のmitsuさんにお誘いいただき、ラッパーのjuiceさん、ヒューマンビートボクサーのLizaさんと一緒にイベントのコンセプトをラップにした『MiX JUiCE』という曲も作らせていただいた思い入れのあるイベントです。

このイベント何が凄いか、何が魅力なのかというと、主催のmitsuさんがめちゃくちゃ熱い方であるという点につきます。
バンドからラップまでやられていたり、様々なジャンルのアーティストが出演するイベントを主催されていたりと、お話をしていても、活動を見ていても本当に音楽や創作活動を愛しているんだなと、一緒にやりたいなと、思わせていただけるような魅力のある方です。

その中でも『MiX JUiCE』は観客、アーティストそれぞれに対し下記価値を提供するというコンセプトの元、mitsuさんが開催しているイベントです。

・見た事がないジャンルでもこのイベントを通して好きな音楽の視野を広げられる!
・普段なら交わる事のないジャンルのアーティスト達がこのイベントを通して交流を深められる!

実際にイベントもコンセプト通り様々なジャンルのアーティストの方が出演されていて、その幅の広さはアイドルからシンガー、バンド、ラッパー、ビートボクサーとかなり幅も広く、そして楽しめる内容となっています。

長々と書かせていただきましたが、そのくらい熱い、バイブスのこもったイベントですので、是非遊びに来ていただきたいです。
DA.歌詞屋の出番はかつてTBS『学校へ行こう!』で一斉を風靡されたパークマンサーさんの前になります!
出番時間は夜となりますが、詳細の時間を知りたい!という方、また遊びに来れる!という方はご連絡ください!
チケット確保しておきます!
イベントの詳細は下記のフライヤーをご参照ください!

S__24141887

『MiX JUiCE』のラップはこちら

それと、そもそもDA.歌詞屋を知らない方もいるかもしれないのでご紹介。
DA.歌詞屋は2012年結成の歌詞(lyric)に拘りを持った3MCのラップユニット。
メンバーはその経験から熱いメッセージを韻で踏み倒す正統派ラッパーの『昌』、
韻を体系的に分析し、解説本『声に出して踏みたい韻』の著者でもあるMr.Rhymeこと『TAKAHI.DE』、
言葉遊びをライフワークとし、ラップのみならずシナリオライティングにも情熱を注ぐ言葉erの『zyoo』の3人。
トラックメイカーにシンガーソングライターとして活動し、最近ではメジャーアーティストへの楽曲提供も行っている道場秀三郎を迎え、
従来のヒップホップの枠に囚われないフリーダムなラップを生み出し続けているラップグループです。

DA.歌詞屋の曲は下記再生リストをチェックお願いします!

『声に出して踏みたい韻』はこちらから購入できます

引き続きzyooおよびDA.歌詞屋をよろしくお願いします!!